後悔しない債務整理をする方法

債務整理は個々の状況によって最適なものを

債務整理は、債務状態によりベストな方法を選択することが大事です。

 

最初に、裁判所を介さず弁護士が債権者との話し合いを行う「任意整理」は、債務額を少なくしたり返済期間や額などを改めて新しい返済計画を出した上で継続して返済するため、弁済できる所得がこれから先も得られることがポイントです。

 

債権者と長い期間を通して返済がある時や、債務の全部を整理したくない場合に適切です。

 

さらに、だいたいは任意整理と同様の内容ですが、簡易裁判所へ申請をして債務整理を進行していく「特定調停」という方法もあります。

 

特定調停はこの他の方法よりも事務処理が簡単で、弁護士などにお願いせずに自分でも手続きが可能ですので費用が少くなくて済み、あまりお金を使わずに負債整理したい方にピッタリです。

 

債務の弁済がどうしてもできない場合は、「自己破産」により債務の返済義務の免除を受け債務整理をする方法をとります。

 

しかし、20万円以上の自己所有資産をもっているが際には、全部処分して負債の返済に用いることになるため自宅や車なども手放さなければならず、事務処理に時間も必要です。

 

職を失っていたり、資産がなく所得があっても生活費を工面するだけで借金の返金まではとてもできないという場合には同時廃止という自己破産手続きをすることになり、早急に債務整理が終了します。

 

あともう一つ、基本的に3年をかけて、かなり減額してもらった負債を返金する「個人民事再生」という方法もあります。

 

個人民事再生は将来に渡り途切れることなく安定した所得が得られ、住宅ローンの未返済額を除く借金が5,000万円以下なら活用できます。

 

持ち家を手放すことになる自己破産をしたくない場合、返金可能な継続収入があれば最適な債務整理手段でしょう。

債務整理は個々の状況によって最適なものを関連エントリー