後悔しない債務整理をする方法

債務整理は弁護士と司法書士のどちらが有利?

債務整理は、代行者を用意することなく自分自身で行うことが可能な方法もありますが、法律に関して詳しくないと事務処理などで困惑することもたくさんあるでしょう。

 

さらに、債権者という借りた相手もいることですなので、審議を遂行していくことは法の専門家でなければ難しいこともあります。

 

このようなことから、債務整理は法律のスペシャリストである弁護士や司法書士に依頼するのが普通になっています。

 

弁護士と司法書士は二者とも同じ職務を任せられるというわけではなく、負債の合計額や手続きをする裁判所によって違ってきます。

 

司法書士の場合は総額140万円以下の案件で、その上簡易裁判所での代理業務までしか法律的に許されていません。

 

よって負債総額が140万円を越えていたり、地方裁判所で申請をする場合は弁護士に依頼することになります。

 

自己破産の手続きをしなければいけない時は地方裁判所に申請することになり、負債額に関係なく弁護士しか代理人にはなれません。

 

また、法制によって弁護士が代理人のケースには債務整理が3ヶ月〜4ヶ月ほどの長さで終了しますが、司法書士のケースでは6ヶ月以上かかってしまうこともあります。

 

さらに、債務整理をする場合に裁判所へ支払う予納金も、弁護士にお願いする場合は20万円ですが、司法書士や自分自身で行う場合は50万円となっています。

 

以上のように、業務の費用や範囲、手続きに必要な時間などで弁護士と司法書士とでは相違があります。

 

債務整理をする際には、そうしたことも理解した上で頼よりになる代理人を見つけることが大切です。

債務整理は弁護士と司法書士のどちらが有利?関連エントリー