後悔しない債務整理をする方法

債務整理の手続きは弁護士が必須?

債務整理をする時に、代理役として司法書士や弁護士に依頼することは本当に必要かというと、必ずしもそうとは言い切れません。

 

ケースによっては債務者本人が行うことができるな整理方法もあります。

 

また現実的に見て、代行者として司法書士や弁護士にお願いする代金は債務整理をする立場の人間からすれば安いものではありません。

 

やはり本音を言えば、代理人を立てずに出費を軽くしたいと思うことでしょう。

 

ですが、実際整理手続きが始まると、交渉相手である貸し主は仕事で金融を取り扱っている専門家です。

 

時には相手の代行人として顧問弁護士などが現れる場合もあります。

 

なんの専門知識も経験も持たないままで債務整理の議論をしても、そうそう思っていたようには進んでいかないでしょう。

 

状況によっては、お金を支払って代理人を立てたとしても、結論から言えばその方が良かったということになるかもしれません。

 

こうして考えてみると、やはり代理役として弁護士は必ず必要な様な気がしますが、そうでもありません。

 

最近は債務整理についての書籍、インターネットなどの情報とかで、自分に必要な知識を手に入れることができます。

 

弁護士会主催の相談会や法律事務所を活用すれば、いろいろと役に立つことを教えてもらうことも可能です。

 

自分のことは自分で処理したいと考えている方は、そのようなものを用いて弁護士などに依頼することなく債務整理を行うことができるのです。

 

司法書士や弁護士といったプロの必要性は、個人個人によって変わってくるということです。

債務整理の手続きは弁護士が必須?関連エントリー