後悔しない債務整理をする方法

債務整理の費用

債務整理を司法書士や弁護士に依頼した時、費用がどのくらいになるかということはもちろん気になるところです。

 

相談だけの場合はそれぞれに弁護士会主催の相談会が無料でありますし、弁護士事務所でも一時間数千円ほどなので、はじめの段階ではそれほどまとまったお金が必要ということもありません。

 

ですが、代理人としてお願いするとなると弁護士事務所別で報酬額が違い、債務整理の内容別でも変わってくるので、債務者が依頼したい内容などにより料金に違いが出ます。

 

基本的には債権者ひとりにつきどれくらいというように依頼の費用を設定していますので、債権者が少なく借りた金額が安ければ5万円ほど、十数社からの借金があれば50万円を越えることもあるでしょう。

 

また、仕事の結果に対しての報酬を申請されることもよくあるので、それも合わせればそんなに安いものではありません。

 

債務整理をしないといけない立場の者としては、何十万円という金額は支払うことができないという方がほとんどかもしれませんが、多くの法律事務所では費用の支払いに関しては分割払いができるようになっています。

 

事前に見積もりを出してもらって、分割にしてもらうように相談してみるのもいいでしょう。

 

事案によっては金融業者に対する過払金が発生することがあるため、それで費用を補うこともできます。

 

金融業者によっては利子を高めに定められていることがあり、法律により決められている利率の差額分について金融業者に請求することができるのです。

 

長い間借金を返し続けていた人などは思っていた以上に過払金が出てくることがあるため、債務整理をする時に過払金があるかを絶対に調べておきましょう。

 

債務整理をするのにお金が用意できないから頼めないなどということはありません。

 

最初は、費用も交えて無料相談などを活用し解決の突破口を見つけることが大事です。

債務整理の費用関連エントリー