後悔しない債務整理をする方法

債務整理に必要な書類

債務整理を弁護士や司法書士が受け持って行う際には、いろいろと書類などを用意しておかなければなりません。

 

はじめは相談の時点でどうしても必要なものは、身分証明書、債務状況が確認できるもの、印鑑です。

 

身分証明書とは、パスポートや運転免許証のような顔写真が付いている公的証明書の方がよいのですが、健康保険証や住民票などでも問題ありません。

 

債務状況が確認できるものについては、債務者一覧表を作って各債権者別に債務状況を記していくのが普通です。

 

印鑑は認め印で支障がありません。

 

これ以外でも状態によって債務整理に必要な書類もありますが、その時になって準備すればいいでしょう。

 

債務整理を始める時に必要になる書類は、大体債務者についてのものになります。

 

最初は住民票ですが、発行後3ヶ月以内のもので、本籍や続柄が省略されたものではなく世帯全員が記載されているものが必要になります。

 

作っている全ての預金口座も収支状況を認識するために要りますので、過去2年間分をコピーして保管しておくといいでしょう。

 

債務者の資産一覧表や過去2ヶ月分の家計の収支、裁判所に差し出す陳述書などは、代理人と一緒に用意することになります。

 

さらに、債務整理の状況によっては、他にも提出しなければならない書類もあります。

 

仕事をしている人の場合は給与明細や源泉徴収票などを要求されますし、損保、生保に加入していれば各保険証書を要求されます。

 

また利用可能かどうかは関係なく、債権者のカード類全部の提出が求められる場合もあるでしょう。

 

準備が困難な書類もあるでしょうし、もう残っていない書類もあるかもしれません。

 

代理人とひとつひとつ丁寧に相談して遂行してみると良いでしょう。

債務整理に必要な書類関連エントリー