後悔しない債務整理をする方法

自己破産とは?エントリー一覧

債務整理の種類 −自己破産−
多重債務を負っている方の債務整理の方法としてよく認識されているのは自己破産でしょう。自己破産というのは、裁判所に破産の申し出をして受理されれば、自分が背負っている全部の債務返済が免れるという制度です。自己破産が承認されれば、自身が所有する全部の財産を換金して貸主の貸付金に対応して分けられるので、車やマイホームなど絶対処分したくない資産がある時でも、全てを手放さなければなりません。ですが、自己破産が確定した後に手に入れた新たな収入に関しては、債務の弁済に用いる必要はありません。自己破産を使って債務...
自己破産による債務整理のメリットとデメリット
自己破産によって債務整理をする場合には、メリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。メリットは、自身が背負う全部の借金返済が清算され返金しなくてもよくなるということです。また借り主からの回収行為もなくなり、暮らしを再構築し更生を試みることが可能です。デメリットとしてあげられることは、破産宣告を受ければ司法書士や公認会計士などの職業資格が一定期間停止になったり、民法上の後見人や会社の取締役になれないという資格制限があるということです。官報といわれる政府発行の刊行物や、市町村役場における破産...
自己破産による債務整理で失くすものと失くさないもの
自己破産とは、免責決定が下りると自分が背負っている債務全部の返済義務が免除され、負債の返済をする必要がなくなるという債務整理処置です。ですが、債務整理の自己破産をする場合、どうあがいても放棄しなくてはならないものもあります。自身の資産全部を処分して換金し、債権者に対する借金額に対応して振り分けなければなりません。車やマイホーム、土地などだけではなく、生命保険の解約返戻金までも債務整理時の没収資産に含まれます。没収の対象となる資産は20万円以上と決められていて、それだけでは20万円未満のものでも、...
自己破産での債務整理は状況により異なります
自己破産による債務整理をする時には、負債主の債務の状態や財産などにより「同時廃止」または「少額管財」のどちらかの方法で免責決定までの事務処理が進められます。同時廃止というのは、負債者が財産を手放して換金しても自己破産手続きにかかせない費用が調達できない時に、破産が認められたのに従って手続きを終了することを言います。債務整理における同時廃止と言うのは、普通の自己破産手続きよりも早急に全てが完了します。破産の申請後、2ヶ月程度で同時廃止の確定がなされ、その3ヶ月ほど後に免責決定が下りますので、大体5...
自己破産による債務整理の手続き −同時廃止−
同時廃止とは、債務整理に使用できる負債者の資産総額が20万円に達しな時や、管財人による免責不許可事由などのチェックが要らない時におこなわれる自己破産手続きのひとつです。同時廃止における債務整理の、自己破産処理を利用するケースの手順は以下に説明する通りです。初めに弁護士に同時廃止を委託すると、弁護士が債務者の代わりに自己破産によって債務整理を行うという通知を借り主に送付し、法律によって債権者は負債者にたいし借金の取り立てが不可能になります。弁護士が負債者の借金総額を調べ、返済に過払金があれば返還請...
自己破産による債務整理の手続き −少額管財−
少額管財は、債務整理によって借り主に割り振ることができる資産額が20万円以上あって、且つ免責不許可事由など負債者に関しての調査が要り、弁護士等が代行して手続きをする場合に行われます。自己破産での債務整理に少額管財を利用する場合の手続きの手順は、途中までは同時廃止と同様です。最初は弁護士に手続きのお願いし、弁護士が債務者の代理で自己破産を用いた債務整理手続きを行う意志を通知をすると、債権者は法律の力により回収行為が禁止になります。弁護士が、債務関連の取引履歴等から債務者の債務額の合計を調査し、過払...
自己破産で債務整理をすると年金はどうなる?
自己破産によって債務整理をした場合、年金はどうなってしますのかと心配ではないですか?年金は自由財産にあたるため、自己破産をする時の債務者の処分対象財産には入っていません。まさに今、年金を受給している方でも、年金を没収財産として取り上げることは法律で許されていないので、自己破産を用いた債務整理をしてもそれまでと同じように年金の給付を受けることができます。さらに、自己破産をしてからも年金の支払いをおろそかにしなければ、行く行くは設定された額の年金をきっちりと貰うこともできます。ですが、年金を受領して...
自己破産で債務整理をすると生命保険はどうなる?
自己破産を用いて債務整理をする場合、生命保険はどのようになってしまうのかということは、確認しておきたいところです。最初に、生命保険の種類で見ていくと、お金が戻ってこない掛け捨てであれば問題ありませんが、解約する時にいくらかお金が返還される積み立てタイプの場合は注意がしなければいけません。解約返戻金が20万円以上になってしまうと、負債者の資産とみなされて債務整理を行う時に債権者に分配される財産の一部となり、生命保険を解約して解約返戻金を債務の返済に使う必要があります。実際のところ自己破産における債...
自己破産で債務整理すると官報に載ります
自己破産によって債務整理をすると、国が作成する官報という新聞に似た刊行物に自己破産したという情報が載ります。官報は告示や省令、官庁報告、国家試験などの情報が載せられている本紙と省令や資料、公告が載っている号外、入札公告や資格が載っている政府調達の3部で形成されていて、全部で100ページくらいあるものです。自己破産については、破産が決定した2週間後と免責が決定した2週間後の計2回、官報の号外の公告欄の部分に破産者の氏名と住所が載せられます。官報に載せられたあと、2週間が経つまでに一般の人や債権者な...
自己破産後での債務整理後の生活はどうなる?
自己破産を考えている場合、それからの生活がどのようになってしまうのかということは、債務者にとって一番不安なことでしょう。自己破産の免責決定が完了するまでには長い時で半年くらいかかりますが、その期間はいろいろな束縛を受けることになります。たとえば、公認会計士や税理士など、資格が要る一部の仕事はできなくなったり、長期の旅行や引っ越しをする時には裁判所に届け出をしないといけません。このような規制は免責決定が完了すればなくなります。官報に破産者として決められた期間、氏名と住所が載せられたり、市町村の破産...