後悔しない債務整理をする方法

債務整理の種類 −自己破産−

多重債務を負っている方の債務整理の方法としてよく認識されているのは自己破産でしょう。

 

自己破産というのは、裁判所に破産の申し出をして受理されれば、自分が背負っている全部の債務返済が免れるという制度です。

 

自己破産が承認されれば、自身が所有する全部の財産を換金して貸主の貸付金に対応して分けられるので、車やマイホームなど絶対処分したくない資産がある時でも、全てを手放さなければなりません。

 

ですが、自己破産が確定した後に手に入れた新たな収入に関しては、債務の弁済に用いる必要はありません。

 

自己破産を使って債務整理をする時は、裁判所が負債主の借金額や所得などから支払能力があるかどうかを見極めます。

 

そこそこの収入があって返済できるとの決定が出れば、別の債務整理手段を検討しなければなりません。

 

また、自己破産を行うことで決められた期間司法書士や税理士などの職務ができないという資格制限があります。

 

更に、借金のわけが浪費やギャンブルであるとか、財産を届け出ないで自己破産を行うなどの免責不許可事由があれば、自己破産の承認が取り下げられることもあります。

 

債務整理における自己破産には、換金できる財産額や免責不許可事由の調査があるかないかなどによって同時廃止と少額管財の2つの種類があり、債務者の状態によって的確な方法が選択されます。

 

いろいろ規制されたりもしますが、借主からの取立ても返済義務も全てなくなるなどプラスの面も多く、自己破産は巨額の債務に悩む人にとってはすごく革新的な債務整理手段と言えます。

債務整理の種類 −自己破産−関連エントリー