後悔しない債務整理をする方法

自己破産による債務整理のメリットとデメリット

自己破産によって債務整理をする場合には、メリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。

 

メリットは、自身が背負う全部の借金返済が清算され返金しなくてもよくなるということです。

 

また借り主からの回収行為もなくなり、暮らしを再構築し更生を試みることが可能です。

 

デメリットとしてあげられることは、破産宣告を受ければ司法書士や公認会計士などの職業資格が一定期間停止になったり、民法上の後見人や会社の取締役になれないという資格制限があるということです。

 

官報といわれる政府発行の刊行物や、市町村役場における破産者名簿に破産によって債務整理をしたという内容が記載されますが、世間の人の目に止まることはほとんどなく、戸籍などに載せられることもありません。

 

さらに、職場に破産宣告したという通知が送付されるという心配もないので、職場に自己破産による債務整理をしたということが知られる確率はほとんどんないと言えます。

 

また、自身の財産は全部没収されて換金され、借金額に対応して債権者に振り分けられるというやり方で債務整理が行われるので自分の考えで資産を整理することができなくなり、引越しや旅行などをする時にも裁判所の許可が必要となります。

 

家財道具全部が没収されると勘違いされがちですが、資産価値が99万円以下だと没収の対象にはなりません。

 

また、破産管財人がいる場合には、郵便物は破産管財人のところに届けられ開けられることになります。

 

自己破産が承認されたあと、裁判所によって負債の返済義務が免除されるという免責決定を受けて債務整理が終了すれば、上記したデメリットは無くなりますが、信用情報機関に自己破産した履歴が残るので、クレジット会社へのキャッシングの利用やローン申込みは一番長くて10年程度の間不可能になります。

自己破産による債務整理のメリットとデメリット関連エントリー