後悔しない債務整理をする方法

自己破産での債務整理は状況により異なります

自己破産による債務整理をする時には、負債主の債務の状態や財産などにより「同時廃止」または「少額管財」のどちらかの方法で免責決定までの事務処理が進められます。

 

同時廃止というのは、負債者が財産を手放して換金しても自己破産手続きにかかせない費用が調達できない時に、破産が認められたのに従って手続きを終了することを言います。

 

債務整理における同時廃止と言うのは、普通の自己破産手続きよりも早急に全てが完了します。

 

破産の申請後、2ヶ月程度で同時廃止の確定がなされ、その3ヶ月ほど後に免責決定が下りますので、大体5ヶ月ほどで全部の手続きが完了します。

 

生活するのに必要最低限の費用を引いた債務者の資産が20万円を超えるかそうでないかで、同時廃止での債務整理ができるかどうかが決定します。

 

財産が小額の負債者を救け、事務処理をスピーディに終了させることができるというところが同時廃止のメリットと言えるでしょう。

 

一方で、少額管財というものは代理人として弁護士をたてて破産手続きをし、その上債務者の処分できる資産が20万円以上ある場合に行われる方法です。

 

免責不許可事由が発生している確率が高く、調査をした方がいい様な時にも利用されます。

 

少額管財による債務整理は、破産管財人に選任された弁護士が債務者に関していろいろな調査をする必要があるので、同時廃止と比較すると免責決定までに多少時間がかかります。

 

調査により、生命保険の解約返戻金等があった時には負債主の財産と考え債権者へ分けられることもあります。

 

また、短い時間で終わりますが、管財人との会談があったり、債権者集会のために裁判所に足を運ばなければならない場合があります。

自己破産での債務整理は状況により異なります関連エントリー