後悔しない債務整理をする方法

自己破産による債務整理の手続き −少額管財−

少額管財は、債務整理によって借り主に割り振ることができる資産額が20万円以上あって、且つ免責不許可事由など負債者に関しての調査が要り、弁護士等が代行して手続きをする場合に行われます。

 

自己破産での債務整理に少額管財を利用する場合の手続きの手順は、途中までは同時廃止と同様です。

 

最初は弁護士に手続きのお願いし、弁護士が債務者の代理で自己破産を用いた債務整理手続きを行う意志を通知をすると、債権者は法律の力により回収行為が禁止になります。

 

弁護士が、債務関連の取引履歴等から債務者の債務額の合計を調査し、過払金があったならば返還要求もします。

 

自己破産の申立書を作って、戸籍謄本などの必要書類が揃ったら裁判所へ自己破産による債務整理の申請を行います。

 

それから、債務者の代理役として弁護士が裁判官との面談をして、裁判所から破産が確定されると破産管財人が選任されます。

 

裁判官との面談後、2週間ほどたってから管財人による面接がされます。

 

債務を抱えることになった理由や時期、自身の資産などに関して質問がされますが、この時は債務者も弁護士と一緒に参加しなければなりません。

 

管財人との面接のあと、5ヶ月ほど経つと裁判所で債権者集会が開催されます。

 

債権者集会とは裁判官と管財人や弁護士、債務者が参加して債権者への説明が行われます。

 

この時、債権者に反対意見がなければほんの数分で終了します。

 

その後、1週間ほどで弁護士宛に裁判所の方から免責決定の報告が届きます。

 

ですが、この段階で債務整理が完了するのではなく、実際に免責が決定されるのは通知が出された1ヶ月あとになります。

自己破産による債務整理の手続き −少額管財−関連エントリー