後悔しない債務整理をする方法

自己破産で債務整理をすると年金はどうなる?

自己破産によって債務整理をした場合、年金はどうなってしますのかと心配ではないですか?

 

年金は自由財産にあたるため、自己破産をする時の債務者の処分対象財産には入っていません。

 

まさに今、年金を受給している方でも、年金を没収財産として取り上げることは法律で許されていないので、自己破産を用いた債務整理をしてもそれまでと同じように年金の給付を受けることができます。

 

さらに、自己破産をしてからも年金の支払いをおろそかにしなければ、行く行くは設定された額の年金をきっちりと貰うこともできます。

 

ですが、年金を受領している方で年金振込先の銀行が債権者だった場合は、自己破産による債務整理をする際には気を付けなければいけません。

 

自己破産で債務整理手続きを開始すると、言うまでもなく年金の振込先の口座も使用不可能になるので年金がおろせなくなります。

 

年金等の振込先を別の金融機関に変えておけばいいのですが、事務処理に時間がかかり、その期間中年金をおろすことはできません。

 

前に記述したように、年金を没収することは不可能ですが、銀行が口座に入金されたものを年金だと思わずにその人の資産として借金の返済に使うことは法律的に何も問題ないのです。

 

ですから、口座に送金された年金額分の受け渡しを銀行に要求しても、返還されない場合が多いでしょう。

 

裁判所に口座凍結を取り止める命令を出してもらう方法もありますが、別に生活費援助のあてがある時は承認されないことが大半です。

 

自己破産により債務整理をする際には、手続きの間も年金をきちんと受給できるように、年金の振込先が債権者の時には、手続きを始める前に振込先を変えておかなければいけません。

自己破産で債務整理をすると年金はどうなる?関連エントリー