後悔しない債務整理をする方法

自己破産で債務整理をすると生命保険はどうなる?

自己破産を用いて債務整理をする場合、生命保険はどのようになってしまうのかということは、確認しておきたいところです。

 

最初に、生命保険の種類で見ていくと、お金が戻ってこない掛け捨てであれば問題ありませんが、解約する時にいくらかお金が返還される積み立てタイプの場合は注意がしなければいけません。

 

解約返戻金が20万円以上になってしまうと、負債者の資産とみなされて債務整理を行う時に債権者に分配される財産の一部となり、生命保険を解約して解約返戻金を債務の返済に使う必要があります。

 

実際のところ自己破産における債務整理手続きの時には、生命保険の証書のコピーや解約返戻金証明書等を必要書類として提出する必要があります。

 

ですが、解約するとなると年齢的に別の保険に入ることができないなどの都合があるならば、裁判官が解約をする必要なしと認める場合もあります。

 

対象とされるのは、自己破産をする人の名義で、且つ本人によって保険料の支払いがされている生命保険です。

 

例えて言えば、名義人は別の人で、受け取り人を自己破産人にしている場合などは当てはまらず、自己破産人の名義にしていて家族が保険金を払っているような場合は、裁判所の判断で処分対象にならないこともあります。

 

しかしその一方で、契約している生命保険を債務整理に充てないでいまのままを維持できる方法もあります。

 

解約返戻金が20万円を超えている場合でも、同額分を破産管財人に支払って債務整理費用に使うことで解約しなくてもよくなります。

 

他には、生命保険の解約返戻金を担保にして生命保険会社からお金を借りる契約者貸付制度を活用して、解約返戻金を20万円以下にすることも可能です。

 

この場合は、元の解約返戻金と貸付金を引いた金額を20万円以下にすればいいということになります。

自己破産で債務整理をすると生命保険はどうなる?関連エントリー