後悔しない債務整理をする方法

自己破産による債務整理で失くすものと失くさないもの

自己破産とは、免責決定が下りると自分が背負っている債務全部の返済義務が免除され、負債の返済をする必要がなくなるという債務整理処置です。

 

ですが、債務整理の自己破産をする場合、どうあがいても放棄しなくてはならないものもあります。

 

自身の資産全部を処分して換金し、債権者に対する借金額に対応して振り分けなければなりません。

 

車やマイホーム、土地などだけではなく、生命保険の解約返戻金までも債務整理時の没収資産に含まれます。

 

没収の対象となる資産は20万円以上と決められていて、それだけでは20万円未満のものでも、いくつかを合計したら20万円を超えてしまうという際には対象に含まれてしまいます。

 

また、会社に勤めているサラリーマンは、退職金も将来貰える財産とみなし自己保有財産になってしまいます。

 

仕事を定年まですれば、退職金として支給されると思われる金額の8分の1にあたる金額が20万以上なら財産となり、現実に貰っていなくてもその金額を支払わなければいけないのです。

 

自己破産の手続き中に退職金が支給される場合は、他の計算方法で支払う額が決定されます。

 

その反対に、自己破産を用いて債務整理をしても保持できるものもあります。

 

債権者の全部の財産を没収して債務の返済に用いるのが自己破産のシステムですが、前に述べたように資産を換金した時に20万円より少なければ処分対象にみなされないので、20万円未満の生活用品等は取られずに済みます。

 

債務者が手放さなくてはいけない資産は自分で裁判所に届け出るのが普通ですが、財産を隠ぺいしたり虚偽の申告をすると免責不許可事由となり、自己破産決定や免責決定の許可がおりなくなる場合があるため、素直に申告したほうがいいでしょう。

自己破産による債務整理で失くすものと失くさないもの関連エントリー