後悔しない債務整理をする方法

自己破産後での債務整理後の生活はどうなる?

自己破産を考えている場合、それからの生活がどのようになってしまうのかということは、債務者にとって一番不安なことでしょう。

 

自己破産の免責決定が完了するまでには長い時で半年くらいかかりますが、その期間はいろいろな束縛を受けることになります。

 

たとえば、公認会計士や税理士など、資格が要る一部の仕事はできなくなったり、長期の旅行や引っ越しをする時には裁判所に届け出をしないといけません。

 

このような規制は免責決定が完了すればなくなります。

 

官報に破産者として決められた期間、氏名と住所が載せられたり、市町村の破産者名簿に載せられますが、住民票や戸籍に破産のことが記載されるということはなく、選挙権などが失われるということもありません。

 

さらに、債務整理は信用情報機関に事故情報として記録されるため、自己破産した場合クレジットカード会社や消費者金融からお金を借りることが最長で10年くらい不可能になりますが、その期間が計かすれば記録は消滅するため借入れもできるようになります。

 

自己破産で債務整理をしたということは職場には知らされないので、仕事場の人に知られる心配もなく、もしも破産したことを知られたとしてもリストラされる理由にはできません。

 

ですが自己破産は、ひとえにお金を借りたことが原因でできた債務返済義務の免責を対象としているので、それとは別の支払いに関しては非免責債権ということで支払い義務は免除されることはないのでその点を注意を注意しなければいけません。

 

分かり易く述べると、健康保険料や税金、交通事故などによる損害賠償や離婚に伴う養育費などがそれに当たります。

 

自己破産をしても、生活それ自体が特別不利益を負わされることは滅多にないと言えます。

自己破産後での債務整理後の生活はどうなる?関連エントリー