後悔しない債務整理をする方法

債務整理の種類 −任意整理−

債務整理の手段の一つである任意整理は、裁判所を間に立てず、弁護士司や法書士を代行者としてそれぞれの債権者と直接話し合いをするということが大きな特徴と言えます。

 

裁判所に足を運ぶ時間を作らなくてもよく、代理人に全部委任するスタイルになるので、債務者にとって煩わしいことは全くありません。

 

周りの人に債務整理をしていることを悟られることもないので、任意整理を選択する人は増えていっているようです。

 

任意整理は利息制限法に則りこれまでの返済分を法定利率との差から再計算し、債務額を減らしたり、これからの利息を失くしたり、返済方法などを協議していく債務整理方法です。

 

サラ金等の高い金利の債権者から借金していれば、債務元本の減額までも期待できますし、何年も返済しているような時は、今後の利息も免除されるでしょう。

 

返済期間としては3年〜5年くらいが基本で、債権者も聞き入れられる範囲のようです。

 

各債務に関して話し合いますので、保証人を付けているものや住宅ローンなどは外すこともできます。

 

さらに、任意整理で債務整理処理を代理人に依頼した時点で返済を要求する行為等は禁止され、交渉が終了するまで返済はしなくても良いきまりになっています。

 

代理役としてお願いした弁護士や司法書士がちゃんとした協議をしてくれれば、思ったより好条件の和解案を得られるでしょう。

 

ですが、代理人の腕前が十分でないとその反対もあり得ます。

 

債務者側に不都合な和解案で承諾したり、場合によっては話し合いが拗れて破たんするということもあります。

 

したがって、任意整理は他の債務整理よりも特に代理人選びが大切になります。

債務整理の種類 −任意整理−関連エントリー