後悔しない債務整理をする方法

任意整理で債務整理をする場合の費用と手続きの流れ

任意整理で債務整理をする時は、裁判所に申立て等はしませんので代理人になってもらう弁護士や司法書士に支払う代価が必要な費用になります。

 

それぞれ代理人の事務所によって依頼費用の形式は異なりますが、およそ債権者一人につき4万円が相場でしょう。

 

債権者数が多いと割り引きされたり、債務整理して過払金が発生した場合、回収成功代金などを要求するところもあるなど、費用についての取り決めはさまざまです。

 

それぞれの事務所の任意整理の費用に関しては、ホームページがあるならそこに掲載されていますし、メールや電話などで直に確かめることも可能ですので、予め見積りを出しておくことができます。

 

任意整理の手続きは、債務者が弁護士や司法書士に代理人の委託をするから始まります。

 

その時点で各債権者に対して、任意整理によって債務整理をすることを受理したという通知が送付され、同時に債務者との返済記録の開示を申請します。

 

その後、1〜3ヶ月くらいで、それぞれの債権者から返済記録が開示されますので、その内容を参考にして利息制限法で制定されている利息で改めて計算し債務残高を決定します。

 

算出した時点で過払いが出ているようであれば、過払金返還請求も申請します。

 

利息制限法に従った債務残高が明らかになってから、代理人が毎月の返済期間や金額を設定し、債務者の承諾を得てからその和解案を基に各債権者との債務整理についての議論が開始されます。

 

和解交渉が結ばれると、作成した和解案にのっとって合意書が取り交わされ、和解内容に基づき借金を返済していくことになり、全て返し終わった時点で任意整理による処理は終了になります。

 

ケースによっては議論が成立できないこともありますが、そのような時は代理人と話し合って他の債務整理方法を考える方がいいでしょう。

任意整理で債務整理をする場合の費用と手続きの流れ関連エントリー