後悔しない債務整理をする方法

任意整理で債務整理をする場合の注意点

任意整理を用いて債務整理をする時に、気を付けなければならない点がいくつかあります。

 

はじめに保証人がいる負債を任意整理するケースです。

 

弁護士や司法書士が代行者となった時点で、それぞれの債権者から債務者自身には取り立てなどの債権回収行為は法律によって禁止されているためにされなくなります。

 

ですが、保証人についての要請は法律でも禁止項目になっていないので、債務者から保証人へ取り立てをするターゲットが移ってしまうのです。

 

万が一、保証人が債務整理をするというのをお知られていなかったとしたらびっくりもしますし、債務者にたいしての信用はなくなるでしょう。

 

保証人の方とは予めにちゃんと相談しておくが大事です。

 

借金の弁済を保証人も不可能な場合は、債務者と同様に債務整理をするしか方法はありません。

 

できれば保証人を立てている債務は整理するものから除外するというのも良いでしょう。

 

さらに、債務整理が完了した後の返済が滞ってしまった場合も気を付けなければいけません。

 

わざわざ任意整理しているのだからと思って、ギリギリの返済金額に設定してしまうと、さらに状況が悪くなる可能性が高いのです。

 

そういう時は、引き受けてくれた代理人にすぐに相談するのがベストです。

 

任意整理のいきさつを誰よりも把握していますから、問題の要因やこれから予測できる状況を踏まえて最良な対処方法を発案してくれるでしょう。

 

一回だけの滞納であれば債権者にたいして支払の延期を申請するでしょうし、返済の継続が難しい様な場合は和解案の内容変更を申し出てくれるはずです。

 

どのようにしても任意整理では不可能だとすれば、別の債務整理方法によって解決することも考え話し合うことになります。

任意整理で債務整理をする場合の注意点関連エントリー