後悔しない債務整理をする方法

債務整理の種類 −個人民事再生−

個人民事再生は、高額の借金に悩んでいる人が自己破産してしまう前に助けようという目的で2001年から始まった債務整理方法の一つです。

 

分かり易く説明すると、債務額を少なくする代わりに3年間で返金できるよう計画案を作成して裁判所に提出し、許可が下りたら3年をかけて設定された債務を返済すればすべての負債がなくなるというプロセスになっています。

 

持ち家がある方でも、特定の条件をクリアしていれば住宅ローンを支払いながら借金を返済できるという革新的な債務整理方法なのです。

 

個人民事再生の方法には、個人事業主のような将来にわたって安定した収入が期待できる人が利用できる「小規模個人再生」と、定まった所得を貰っているビジネスマンなどで収入の変動が少ない場合に利用できる「給与所得者等再生」があります。

 

また、民事再生手続きをする時に、住宅ローンの返済期間等を変えてもらえるなど住宅ローンについての特則を活用することもできます。

 

個人民事再生の利点は、住宅などを処分せずに債務整理が可能なところや、自己破産みたいに資格規制が定められていないので職業を関係なく手続きが可能なことです。

 

また、債務が最高で総額の5分の1ほどにまで減額されるので、返済額の負担が相当に軽くなります。

 

その反面、欠点を挙げるとすれば、債務整理についての裁判手続きがなかなか複雑で、住民票などの必要書類を用意して提出しなくてはいけないなどのわずらわしさはあるでしょう。

 

さらに、負債全部を対象に行う必要があり、保証人への前もった説明も絶対不可欠です。

 

そして一番には、定期的に保証された所得を得られることが原則的な債務整理方法のため、現在の所得を保っていくことが大事です。

債務整理の種類 −個人民事再生−関連エントリー