後悔しない債務整理をする方法

個人民事再生で債務整理をする場合の費用と手続きの流れ

個人民事再生を使って債務整理を行う場合の金額は、自己破産等の手段よりも高くなってしまうのが現状です。

 

はじめに、申請手数料として必要書類に貼付する収入印紙代が1万円、予納金が12,000円くらいかかります。

 

また、裁判所が個人再生委員を選出して処理する場合は、20万くらいの報酬を支払わなければなりません。

 

さらに、個人民事再生を用いた債務整理は手続きが複雑ですので、プロに委託する方も多くいて、事務所によって報酬は異なりますが、弁護士だったら最高60万円程度、司法書士ならば30万円程度用意しなければいけません。

 

個人民事再生で債務整理を進行する場合のプロセスは、最初に弁護士に手続きを頼み、担当になった弁護士が民事再生の手続きを引き受けたという趣旨の書類を債権者に送ることにより、借金の回収行為が禁止されます。

 

弁護士が債務者の借金額をチェックし、過払金が発覚すれば返還請求をするなど申請の準備を行います。

 

準備が整ったら、現住所を管轄している地方裁判所に民事再生の申請と必要書類を提出し、裁判所側が個人再生委員を選出した場合は、個人再生委員による会談が行われます。

 

申請が受理されてから1ヶ月ほどで、裁判所から個人民事再生による債務整理の手続きを開始する決定通知が債務者や債権者に送付されます。

 

弁護士は再生計画を作って裁判所に提出し、裁判所で認められれば債権者に再生案が報告されます。

 

給与所得者等再生のケースは、この段階で意見聴取をされることが多いです。

 

そのあと債権者の不賛成が決められた数を超えていなければ再生案が採決され、支払い開始決定が認定されます。

 

決定された翌月から再生計画に従って返済が始まり、3年間で負債が完済できれば債務整理は終了したこととなります。

個人民事再生で債務整理をする場合の費用と手続きの流れ関連エントリー