後悔しない債務整理をする方法

個人民事再生による債務整理の特徴

債務整理手続きの一つの方法である個人民事再生には、いろいろな特徴があります。

 

個人民事再生は、全部の債務返済が免じられる自己破産と異なって、債務額は格段に減らすことができますが、決められた期間内で返さなければならないというところが重要な特徴です。

 

債務額は5分の1ほどまで減額できますが、少なくても100万円を切ってはいけないという最低返済条件が定められています。

 

裁判所に手続きの申請を行って、支払い計画決定に従って決められた金額を原則的に3年間で全部弁済するというやり方で債務整理を行います。

 

ですが、支払い計画が決定した後、返金が始まってもその後の返済が免除される「ハードシップ免責」が適合する異例なケースもあります。

 

返済をスタートしてから失業して、そのあと思いのほか次の仕事に就けなかったり、長期間の入院等で収入が安定しなくなり、支払い計画に基づいた返済が難しくなったりした時、支払い計画で設定された返済額の75%以上を弁済できていれば、残っている返済額が免責されるというものです。

 

さらに、個人民事再生を債務整理手続きに活用すれば、自己破産の様に全部の資産を喪失するということもしないで、住宅に住みながら借金の返済をすることもできるのです。

 

資格制限がない債務整理手続きですので、税理士や会社の役員等の職に在籍したまま利用でき、免責が不許可になる事柄もないのでギャンブルなどが原因の借金でも条件を満たしていれば利用できます。

 

個人民事再生による債務整理が用いれる抜本的な条件としては、将来にわたって安定した収入を継続して得られるとうことや住宅ローンを除いた債務総額が5,000万円未満であることなどがあります。

個人民事再生による債務整理の特徴関連エントリー