後悔しない債務整理をする方法

債務整理の種類 −特定調停−

債務整理の一つの方法である特定調停は、整理方法の中で最速で解決可能なものであり、法律の知識があまりなくてもできるものです。

 

裁判所の調停委員と債務者、調停委員と債権者での審議にて進んでいきますので、債務者と債権者が直接会う機会がないというところでは心理的負担が少なくて済むでしょう。

 

特定調停は、利息制限法の法定利息を目安に、これまでの返済金額を再度計算し直して債務残高を決定し、払ってない分があれば3年ぐらいをかけて月々返済するというスタイルで債務整理をします。

 

調停が完了した後は利息が免除される場合がほとんどなので、債務残高をちゃんと返済していけば借金は間違いなく少なくなっていきます。

 

サラ金等の利子が高い金融会社に支払った年数が長い場合は、利息をもう一度計算することにより元本金そのものが消えることもあります。

 

また、特定調停を依頼すれば債権者の請求や取立てがなくなりますし、申請期間中の返済をする必要がないというのも安心です。

 

債務整理の方法の中でも料金が安くていいのも特徴で、申請自体は債権者一人につき500円ぐらいで申し立てできます。

 

一部の負債だけを選んで調停もできるため、保証人がいる債務は外して債務整理することもできます。

 

ですが、債務総額が高額な時は調停での解決するのは困難ですし、銀行系カードなどのように法定利息に基づいた金利の借金だとあまり減額が期待できないということもあります。

 

また申請段階で仕事をしてなかったり、収入が全然ない状態だと断定されれば特定調停ができることはまずないでしょう。

 

事務処理を自分でするにしても、特定調停による債務整理ができる状況にあるかを司法書士や弁護士への無料相談などで聞いてみてから決めるのが良いでしょう。

債務整理の種類 −特定調停−関連エントリー